5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

定年退職後の海外移住におススメ!直ぐに行ける、マレーシア、ペナン島の魅力!!

旅行

定年退職後の海外移住におススメ!直ぐに行ける、マレーシア、ペナン島の魅力!!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

海外移住で人気ランキングで上位に入るマレーシア、 実態を調査しました!

諸費用やビザについて、住居するための条件等は以下のようです。


『マレーシア移住費用』

航空券が1万円~3万円
手荷物だけで移住する場合はほとんど航空券のみ。

大きな荷物を伴う場合は海外引越業者に依頼

物量により課金



『家を探すときの費用』

だいたい2ヶ月のデポジット

1,000リンギット程度のユーティリティデポジット、

1ヶ月分の前払家賃ぐらい。

(リンギット:マレーシアの通貨単位、25.36円/1リンギット、2017/3/20現在)


デポジット=日本で言えば敷金

ユーティリティデポジット=水道光熱費の保証金


どちらも退去時には返金されるお金です。



『マレーシアでの滞在費』

家賃以外に一人当たり5万円もあれば十分に暮らせるようです。

ローカルフード中心なら1食300円以下に抑えることも可能。

高級ホテルのディナーでも2,000円~3,000円で十分です。



マレーシアでも住む場所によって家賃相場は違います。

一番高いクアラルンプールの一等地以外であれば、

5万円で2LDKや3LDKのコンドミニアムは借りれることができます。

車一台のスペースとプール付き住宅もある多数あるようです。



日本で豪邸と言われるようなお部屋も

マレーシアなら格安で住むことができるので、

生活費用はとても安くすみます。


メイドさんを雇っても東京の家賃と比てべも

安く生活ができるようです。



マレーシアのビーチリゾートペナン島の魅力をご紹介します。(世界遺産とビーチ) パート1

マレーシアのビーチリゾートペナン島の魅力をご紹介します。 パート2

ホーカーと呼ばれる屋台飯がおいしい!

開店後1時間で売り切れる「油条」を紹介します。

ペナン島に関するツイッターの情報をまとめてみました。

いかがですか、マレーシアの魅力は理解できたでしょうか?最後にビザについて簡単にご説明します。

『マレーシアに住むのにビザは必要?』

日本人は、3ヶ月まではビザなしで滞在ができます。


3ヶ月が経過する前に他国に行って戻ってくれば、

実質的にはビザなしで滞在可能。


具体的には、マレーシアを出て日本に戻る必要はなく、

近隣のタイやシンガポールなどにでることでOKです。

また、日帰りで戻っても新しい3ヶ月に切り替わります。



しかし、ビザなしで1年以上の滞在の場合、

入国の審査が厳しくなりますので、

本格的にマレーシアに移住するならビザは必要です。


当初はビザなしで住み始めたとしても、

長い目で見れば移住後には手続きを始めましょう。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ